吹雪…

コミック

冬の雪山、直行とマコトはロッジに帰る途中、車で道を見失い吹雪が止むのを待つことにした。途方にくれる直行だが、マコトは嬉しそうだ。直行と二人きりになったことに頬を染めている。その様子を見て、マコトの巨乳をわしづかみにする直行。マコトはこんなことをするつもりではなかったと言うが、スイッチの入ってしまった直行はもう止まらない。乳首を念入りに吸うと、マコトはもうすっかり蕩けきっている。