とある季節の変わり目のお話

コミック

明後日は蛍の引越の日。一抹の寂しさを隠せない洋介に蛍は記念にエッチをしようかと誘う。驚きながらも蛍の誘いに乗る洋介。しかし二人はまだキスもしたことのない仲なのだ。なにもわからないまま、手探りでお互いの体をまさぐる洋介と蛍。今まで見たことのない蛍のえろい一面を見て洋介は圧倒される。結ばれはしたけれど、離ればなれになる明後日はすぐそこに迫っていた。