春情色手本

コミック

色っぽい初夢を見た伊勢屋のおかみ。便所に立った時、一人だけ残っている奉公人のお多重のもとに、男が忍んで来ているのを見つけた。二人のセックスを覗き見て、ますます欲情がつのるおかみ。お多重が逢引していた米倉に入って自慰に耽っていると、お多重の男が入ってきて、覗かれていたのを知っていたと…。たっぷりと肉棒を味わい、火照りを醒ましたおかみだった。商家のおかみ達の、うずく肉体を描いた短編集。「第一話 初夢肌枕」他に「第二話 熱い肉芽」「春情色香舟」「蒸し秘肉」「色筆おろし」「淫心壁の節穴」「熟れ肉しぐれ」「張り型狂い」「秘めくり肌絵」を収録。