ガールズファイト マヤ編【第4話】揺れる女王

コミック

第二ラウンドで一方的に責められ辱めを受けた女王・マヤ。だが、決して勝利を諦めることなく、反撃の機会を窺っていた。「ギブアップなんて絶対にしない!最後に勝つのは…あたしなんだから…」しかし、女王の威勢とは裏腹に、体力を消耗し切ったカラダはもはや言うことを聞かず、ただ挑戦者の餌食となるだけだった。休む間もなく次々と責め苦が与えられ、ひたすらイカされる女王。男の巧みなテクニックによって、反撃の思考は快感の渦の中に埋没していく……。観客の前で飛び散る愛液と止まらないエクスタシー。強く、気高く、美しい女格闘家は、ついに「解放」されてしまうのか――?クリムゾンの人気超大作「クリムゾンガールズ」から、「アリサ編」に続く待望のスピンオフ、第四話!!!