桃丼【フルカラー】

コミック

私は家族のために、男爵様の下へ奉公にいく事を決めました。だけど町の人の噂では、「男爵は変態で冷血鬼」「若くてウブな娘を裸に縛り上げ、夜な夜な卑猥な責め具を……」と聞きました。だけど父や祖父、弟のためには背に腹はかえられません。不安を抱えたまま男爵様の下へ訪れてみると、目の前で奉公人の一人が服を剥かれて責められていました。それを庇うと男爵様は私の服を無理矢理脱がし、アソコを責め始め……