クール先輩

コミック

久澄先輩は綺麗な脚と理知的な内面を持つ美少女で、これまで何人かの男が告白していたがみな玉砕していた。彼女に憧れている高林はトランプで負けた罰ゲームで、久澄先輩に踏んづけてくださいと頭を下げることに。久澄先輩は本当に踏んでくれたが、彼女が好きだった高林にとってはとんだ災難。しかし久澄先輩はそれによって高林に興味を持ったようだった。最初は誰にでも踏まれたいだけだと誤解していたが、自分の足に価値があるということを知って、高林に「私の脚を好きにするといい」と告げる。