化学部の魔女

コミック

‘まこ’と‘大輝’は化学部の部長と部員。今回、まこは媚薬を完成させたのだが、それをどうやって大輝にさりげなくぶっかけるかで悩む。うっかりこぼしたフリをしようとしたが、結局自分が頭からかぶるはめに。媚薬の成分で服が溶けオナニーを始めてしまったまこに、大輝は「せっかくだから実験のデータを」と言いだし、試験管をまこのアソコに入れる。恥ずかしさで身もだえしているまこを見ているうちに、媚薬のかかっていない大輝もついその気に。