公園の秘密

コミック

女子校生の三瀬さんは、日々の退屈な日常に気だるさを隠せずにいて、最近○×公園に不審者が出没するから気をつけてという友だちの忠告にも、帰り道だしと、意に介さぬとばかりにアンニュイな面持ちで家路に着く。そんな道すがら、件の公園を通る途中、後ろから彼女に声がかかる。「そこのお嬢さん」三瀬さんはドキリとして振り返ると、目の前には一人の青年が土下座をしているではないか。その姿は、ジャケットにネクタイと一見普通の格好だが、目にはハチマキのような細いマスク、そして下半身はトランクス一枚…。彼女は確信する。不審者が出たと。して、不審者は尚も土下座のままで彼女に懇願をする。曰く「僕の股間を踏んで頂けないでしょうか!?」一瞬、頭が真っ白になる彼女だが、やがて不審者に哀れみを感じたのか、三瀬さんはそれを了承して、不審者と二人で公衆トイレに向かうのだった。その扉がまるで、日常を破る入り口であるかのように。