擁羅

コミック

人間と鬼の混血児・擁羅。仲間の赫を殺し、決して仲間を殺してはならぬと定められた鬼一族の掟を破った。長である兄の蒼格によって、擁羅の持つ鬼にはない能力と、身体を奪われてしまう。人間の身体に寄生し、自分の身体を取り返していく擁羅。そのために、分けられた身体を持つ妖鬼たちを殺していく。だがそこには、人間と鬼の未来を賭けた、壮大な計画が隠されていた。鬼の存在意義を問う、ファンタジー長編。