ぱぺっと部

コミック

パペット部の部長、操は人形遣いの名人だが、あがり症で普段はまともにしゃべることもできない。顧問の先生は操に部員の指導をさせたがるが、操は恥ずかしがって返事ができない。一人きりになるとパペットで先生への思いを口に出す操。それを見ていた先生は操にキスをせまる。キスされて少し安心した操は先生に指を舐められて感じてしまう。どうやら彼女の性感帯は指のようだ。そして彼女のあがり症は、大きすぎる胸にコンプレックスを持っているからなのだった。