ガールズファイト マヤ編【第3話】女王の亀裂

コミック

挑戦者の圧倒的なスピードとパワーを前に、まったく反撃のできない泉マヤ。第2ラウンドで豊満な乳房を観客に晒されたことで、焦りは広がるばかり…。第3ラウンドから反撃をしかけるももの、あっさりと挑戦者に捕まってしまう。「ワガママな女王様におしおきだ…」不敵な笑みとともに、男はマヤの尻にスパンキングを開始!抵抗できないマヤは、ただただ屈辱を耐え忍ぶだけ。そこには、尻を叩かれながらも感じてしまう、赤子同然の女王の姿があった…。公開スパンキング!強制クンニ!強く、気高く、美しい女格闘家のプライドは、ここで崩壊するのか――。クリムゾンの人気超大作「クリムゾンガールズ」から、「アリサ編」に続く待望のスピンオフ、第三話!!!