めらにん

コミック

誰もいない夏の浜辺はまるでプライベートビーチ状態。彼氏のほうはもうヤる気まんまん。彼女がフェラで抜いてくれても、まだまだ満足できない。青空の下でセックスしていると、照りつける太陽の暑さも忘れて、いつしか彼女も夢中になって嬌声を上げる。気が付けばもう夕暮れ、彼女の白い肌はこんがりと小麦色に。