チェンジ

コミック

僕の彼女、しずくは少し変わっている。普段は無口でファッションはそっけなく、行動はとっぴ。告白した次の日には黒板に「祝・初彼氏」と大きく書いて女子たちの拍手を浴びていた。そんなしずくがいきなりオシャレに。映画館で僕は吹奏部の活動についてしずくから問い詰められる。自信のなさをうちあけると、しずくはいきなり僕の股間をなで回し、キスを求めてきた。あまりにも急でキモチいいけど、どうしたらいいのかわからない。