アフターれいぷ

コミック

母と二人暮らしの少女いずみは公園裏の林でレイプされた。その数週間後、いずみは自分をレイプした犯人イチの事をお兄ちゃんと呼ぶようになり、そのアパートに通うのが日課となる。最初は脅かされて仕方なく来ていたのだが、家に一人でいてもつまらないのだ。イチがいずみの機嫌を伺っていることにいずみが気付くにつれ、二人の立場は逆転しつつある。いずみを犯すとき、イチの言葉は別人のように乱暴になるが…。