八百屋さんへ行こう!

コミック

大型スーパーが侵出して以来、街の店は客がいなくなってみな大変。だが、その八百屋だけはいつも客がいっぱいだった。それというのも八百屋の主人が考え出した集客サービスがものを言っているからだ。美人妻の律子は常連客相手に奥の部屋で、特別奉仕祭を密かに開催している。まずは学生の二人組。ズボン越しにもおちんちんの熱気が伝わってきて、律子の頬は赤らむ。