チア・ハート・アタック

コミック

夏も終わりですね…甲子園の時期も過ぎ、大山田君のことが好きでたまらない彼女は野球部に入った彼を応援するためにチア部に入ったのだけど、残念ながら野球部は弱小で大山田君はベンチ…これじゃ応援なんてできないじゃん!というわけで夕暮れの部室でラブラブセックスをするのでした。