外道

コミック

ストレートに真っ向勝負の題名で刊行時に話題を呼んだ、オイスター5冊目のコミックス「外道」。「明るい未来」「何でも無い」「花弁」「日記A」「日記B」「日記 理沙」「日記 佳菜・理沙」の計7本を収録。題名センスに著者の映画マニア振りがうかがえる。特に後半の4本の日記シリーズは、清水崇を筆頭とするジャパニーズホラーへのリスペクトに溢れ、映画狂はたまらない。と同時に、アチラへ行きそうでちゃんとこっちにとどまる、著者のサービス精神にホッとする。