おしっこもーど

コミック

夏の暑い日、百合子はトイレにも行かずにプールへと向かう。歩きながら水を飲んでいると双子のおねーちゃんが注意しても平気顔。だが、やっぱり飲み過ぎたのか、途中おしっこがしたくなる。公園のトイレによると、個室は全部故障中。男子小用は使えそうなので、これしかない。しかし誰も見ていないとはいえ、これはなかなかにはずい。しかもおねーちゃんに拭いてもらうことに。さらにおねーちゃんもおしっこがしたくなって……。