露出狂の見分け方

コミック

夜のカラオケボックスで、トオルとマヤはデートの真っ最中。でも二人とも歌も歌わず、やっているのはエッチなこと。マヤの股間に顔をうずめてアソコをなめるトオルの行為に、マヤはいつ店員に見つかるか気が気でない。部屋の外に誰かの足音が響くたびに、マヤは敏感に反応してしまう。それをトオルに感づかれて、露出狂と言われてしまうが。