義母のしたたり

コミック

義母に弱みを握られて以来、からかわれ使いパシリにされる息子の誠次。ついにガマンの限界に達し、義母への仕返しを試みる。「ママは随分いろいろな事をさせてくれたよな……」誠次は義母の手を縛りあげ、極太バイブを取り出しながらそういった。「俺に家事を押し付けて、自分はこんなオモチャでハメまくりか!」バイブを義母のヴァギナへ一気に差し込み、激しいピストンで掻き回す。「あぁ!!イヤッ!!!」抵抗しながらもよがる義母。しかし誠次はその口をペニスで塞ぐ。「んぐぐ!」喉奥までペニスをしゃぶらせてから射精。「もういい加減にして!誠次!!」という義母の訴えも聞かず、誠次は義母のヴァギナへか硬直させたペニスを挿入させる。「んっ!あぁあ!!やあぁぁ!!!」義母のクリトリスや乳首を念入りに弄くりながら、誠次は膣内へ一発目の射精を放出したのであった……『義母の滴り』濃厚な親近相姦!淫靡に満ちた羞恥的セックス!アソコが滴り、股間の随まで楽しめるコバルト機の作品集!!