紅い季節

コミック

テーマは刹那さと、哀しさ。雨の降る夜、飲み会の帰り32歳の信吾はゲームセンターでいずみと知り合う、信吾の家に泊まった次の日にベットの下から、いずみ宛の母親からの手紙が。彼女が一人ぼっちだと知った信吾は雨の中後を追い懸けて自分も2年前に妻に逃げられた事を告白する。その他粗野な教師と学校一の美人女子校生。同じ学校に通うとびきりイイ女の従妹。4年前に親父が再婚した時の義母の連れ子……妹。