先輩のハジメテ狩り

コミック

書道未経験で書道部に入った僕。他の新入部員たちは、次の展覧会に向けてさっそく書き込みを始めるのだが、初心者の僕は筆使いすら上手くいかない日々… そんな僕の姿を見かねた女子の先輩が、僕のためにわざわざ居残って教えてくれることに(涙) そんな優しすぎる先輩の趣味は‘男子新入部員の筆狩り’。筆使いを教えてくれるうえに、僕の‘筆おろし’もしてくれるなんて…『せ、先輩… 僕、童貞なんでお手柔らかにお願いしますっ!!』