図書室の出来事

コミック

放課後、僕は最近決まって図書室へ行く。読書家でもないのに足繁く通う理由は、クラスメートの夏目さんが図書委員だから。そんなある日、僕は彼女の異変に気付く。夏目さんは頬を赤らめ体をかすかに震えさせていた。聞こえる振動音はスカートの中から、そしてコードがパンツの中へと延びている。彼女はバイブを入れて図書室でオナニーをしていたのだ。口止めのために僕に迫ってくる夏目さんは僕の知らない顔を見せ始める。