先輩ペット

コミック

円先パイは僕のいいなり。チンポをしゃぶるのも大分慣れてきたようだ。しかし、彼女は好きでこんなことをしているのではないと強弁する。僕が持ってる、円先パイのオナニー画像の流出を恐れているのだ。膣の中にはバイブが入っている。強制的に口内発射すると、彼女は苦しみながらむせかえる。手足を縛って目隠し状態で放置すると、もう床はびしょ濡れ。だが、彼女はなかなかおねだりしない。