熱病

コミック

何事も競争してしまう幼馴染の由紀乃と高志。部屋のリモコンの故障でガマン比べで「あつい」と言った方が負けになる賭けで、由紀乃は負けてしまうが自ら「体を舐めてよい」という罰を許す。もう止められない高志はアソコを舐めあげ、挿入し中で果ててしまう。その後の二人は今までどおり競い合うが、どちらが勝っても負けても罰ゲームは必ずセックスへ…