ゆとりある人生

コミック

突然の雨、びしょ濡れで俺の家の前で雨宿りしていたあん子ちゃん。部屋に入れて風呂に入れて、本当はそれだけで終わるはずだったのに、彼女はこの借りをきっちり返すという。あん子ちゃんは俺のズボンのファスナーを降ろしてチ○コを露出させるが、その先なにをしたらいいのかわかっていない様子。とりあえず俺と同じ方向を向かせて膝の上に座らせる。足で挟んで柔らかい足の裏で刺激してもらう。しかし、あん子ちゃんはまだまだ借りを返したりないようで……。