未開の奥地で

コミック

ここはジャングル、未開の奥地。民俗学教授にして探検家の私は遭難したが、未知の女だけの部族、ラル族に助けられた。彼女たちは私に豪華な料理を与え、手厚くもてなしてくれる。夜になれば美しい少女たちが私を取り囲み、アソコを指で拡げて誘惑する。男のいない部族なので、彼女たちは私のマグナムに興味津々。六人の褐色の宝石のような妻たちとの蜜月。だが、そんな日々も終わる日が……。