コンプレ-X(3)

コミック

部屋で一日中、ノートパソコンに向かって原稿を書いている伸。そこに彼女の亜紀が帰ってきた。やっと原稿を書き終わると、亜紀は台所で食事を作っている真っ最中。そのお尻をながめていたら、おなかが減っているはずの伸はついムラムラと欲情する。亜紀はただ大きいだけだとコンプレックスを持っているお尻だが、大きくて柔らかそうで、こんなエロい桃は滅多にない。お尻を触っているうちに亜紀のアソコもHな音を出し始める。