Tha cage

コミック

女性モノの下着を履き、その下には貞操帯とエネマグラ。下着を盗んだことがバレてしまってから、僕の性にまつわるすべてのことはメイドのあやめに管理されている。1日中がんばって耐えたその身体を、まるで新しく手に入れたおもちゃのように焦らして焦らして遊びぬかれる。苦しいし悔しいけれど、そんなあやめの行為で自分が興奮してしまうのも事実で…