乳子姫

コミック

小夜子は財閥のご令嬢。美しい容姿に大きな胸、告白してくる男は後を絶たなかったが、彼女はそれをみな断っていた。同じ学校の高木は、小夜子が男の告白を断ったあとは必ず離れのトイレに行き、オナニーをしていることを知る。しかも小夜子は陥没乳頭であり、そのことにひどいコンプレックスを抱いていた。小夜子は高木にオナニーと乳首のことをばらされたくなければと言われて犯されてしまう。