確変少女

コミック

ゆりあは読書部の副部長。密かに部長のマサトのことを慕っていたが、内気な彼女には告白など夢のまた夢。思えば思うほど体がほてり、Hな気分がたかまり、マサトの机にアソコをこすりつけてオナニーをしてしまう。しかしそれをマサトに見られてしまい、胸の内を打ちあけることになる。そしてマサトもゆりあと同じ気持ちだった。突然マサトにキスされて、次は胸を触ってくれるようにと頼むゆりあ。女性経験のないマサトに何もかもおまかせと言うが。