呼ばれて飛び出てご奉仕ジャー

コミック

民雄は六畳一間のおんぼろアパートで親の仕送りを食いつぶしながら、ぶらぶらと暮らしていた。家具らしい家具もなく、持っている電化製品といえばゴミ捨て場から拾った電子ジャーだけ。だが、これはどんな願いでも一つだけ叶える魔法の炊飯器だったのだ。民雄が願ったのは、セックスの相手。炊飯器の精霊クビアはそれに応えてご飯の炊きあがりに登場する。今日は炊く前に水着を仕込んだので、ビキニで登場だ。