42.3℃

コミック

半ば強制的にお姉さんと風呂に入る事になった。お姉さんは自分とエッチした事を覚えてるか聞いて来た。ボクが目をふせると、たわわな胸や充血した性器をボクに押し付けて迫って来た…。