お母さんごめんなさい

コミック

お母さんの入院で、三人暮らしだった家族の家事一切は優美が引き受けることになった。優美は家事をすることになんの不満もないが、お父さんがいつも優美のアソコにバイブを入れて家事をさせること、体操服しか着させてくれないこと、そして頻繁に身体を求めてくることがいやだった。しかしお父さんは今この家に女は優美しかいないからしょうがないという。本当は以前から優美としたくてたまらなかったのだ。