はんぶんこ

コミック

自分のささやかな心のオアシスは二人の妹。上のさやは、以前はお兄ちゃんっ子だったのに、最近冷たくなってきた。でも下のみゆはまだまだ甘えたガリで堂々とお触りができる。もちろんお触りだけでなく、みゆが眠った後、ベッドであそこにお兄ちゃんのチ○コをこすりつけるのが毎晩の楽しみ。吸い付くようなぷにぷにの柔肌をたのしんでいると、みゆが起きてしまった。そして、二段ベッドの上で寝ているさやもその物音を聞いてオナニーを。