赤しゃんぴすとるズ

コミック

少子高齢化を憂える少女、理恵。彼女はお兄ちゃんをベッドにしばりつけ、精子を採取することにした。一人では大変なので、友人の美紀にも手伝ってもらう。お兄ちゃんのパンツを脱がせると、なんだか本で見たのとちがう。理恵がち○ちんをペロペロするとへんな味だけど、あっというまに大きくなってお兄ちゃんは射精。出た精液は水鉄砲に入れて学校へ持っていき、女のコたちのあそこにぴゅーっとすればみんな妊娠するはず、というのが理恵の計画なのだが。