原色の愛

コミック

男たちの崇拝の視線を全身に受けてわたしは喘ぐ。見られることと愛されることは同じ。今日も男たちの視線が私を犯し続ける。