悦びに震える身体

コミック

その日現れたのは、私の不倫相手の木村さんではありませんでした。木村さんから、欲求不満の淫乱人妻がいる、と聞かされたというその男は、私を脅してホテルに連れ込みました。シャワーすら浴びさせてもらえないまま、男の目の前でオナニーさせられ、自分のアソコをいじりながら、男のペニスをしゃぶらされました。こんな屈辱を受けても、スケベな私はアソコを濡らしてしまったんです。すると、突然ドアが開いて、別の男たちが入ってきました。一番感じるアナルを舐められながら、私は全員のペニスが欲しくてたまらなくなっていました。