お仕置きされたくて

コミック

私の仕事でたまったストレス解消法は、だれもいなくなった夜のオフィスでするオナニーなんです。ビルの窓際で、わざと脚を広げてアソコをいじると、見られているような気分がスリル満点で、とてつもなく興奮しちゃう。そんな私の秘密を、部下の男に知られてしまったの。会社にバラすと脅されて、私は言いなりになるしかありませんでした。部下の前で、裸になって淫らなオナニーショーをさせられているうちに、キャリアウーマンのプライドが壊れて、だんだん感じてしまった私。グチョグチョに濡れたアソコに、部下のペニスを欲しがってしまって…。