真夜中の妹

コミック

今日俺はとうとう妹ミミカのバージンを奪ってしまった。ことは昨夜、ミミカが部屋にお化けがいて怖くてトイレに行けず、漏らしてしまったことから始まる。俺は平静を装って始末してやったが、一緒に寝ていると抱きしめてめちゃくちゃにしてやりたいという欲情が頭をもたげる。怖くなくなるオマジナイとしてキスしてやると、ミミカはすやすやと寝息を立てた。そして今日、ミミカからキスを求められるととうとう俺は後に引けなくなってしまった。