アソコが疼く感覚

コミック

主人と結婚して十年になりますが、私たちのエッチはマンネリしらずなんです。だって、主人ったら、いつも変態的な新しいプレイを考えて、私の体を気持ちよくしてくれるんですから。その日、主人はゆで卵を寝室に持ってきました。皮をむくと、私のアソコにグリグリと押し当てたんです。刺激されているうちに、私のアソコからはトロトロと熱いものがたれてきました。その液が潤滑油のようになって、私の穴がツルンとゆで卵をのみこんでしまったんです。アソコの中でつぶれてしまいそうな柔らかい卵が入ったまま、主人のエッチな責めが続きました。