私の中で擦れるモノ

コミック

義理の息子、和人と身体をつなげるなんて、とんでもない継母だと思われるでしょう。でも、これも全部和人のためなんです。男の子のくせに女っぽい和人を、たくましい男にしてあげたかったから…。どうやら男性が好きらしい和人に女性の魅力を教えるため、私は強引に和人のアレを口にふくんで、ジュルジュルと吸いました。いやがっていたのに大きくなったソレに私がまたがって腰を落とすと、濡れたアソコにニュルンと入り込んでしまったのです。私の中で熱いモノが擦れ、私はキュッとアソコを締めながら、和人に快感を覚えさせていきました。