寂しい夜を埋めて…

コミック

私たち夫婦は最近セックスレスでした。でも夫の単身赴任が決まったとたん、急にお互い性欲が甦ってきて、Hばかりしていました。そして夫が遠くへ行ってしまい、残された私の欲求不満は相当なものでした。今までしたことのなかったオナニーに耽る日々。こっそり見つからないようにしていたつもりだったのに、同居している夫の父親は知っていたのです。義父に襲われ、股間に埋められ、私は声をあげて一緒になって腰を振っていました。