湯ノ華ハ桜色(10)

コミック

旅館もオマエもオレが守ってやるから安心しろ!…という一言が言いたくて、言えなくて…でも聞こえてて、伝わって…温泉旅館の大団円!!