女人転生

コミック

汚いオマ○コめ…これじゃブタのほうがよっぽどキレイだ…と遠藤さんに汚い言葉を浴びせられながら、ヌチュヌチュ舐められ、クリ○リスをギューと摘まれ、今まで味わったことのない感情が沸き起こりました。なすすべもない格好で、オマ○コとアナルをいじられて、ドプッと奥からイヤらしい液が溢れたんです。冷酷な遠藤さんは容赦なく、喘いでいる私のお尻に浣腸をし、ムチで叩きました。気が狂いそうな快楽でした。そして汚い私のオマ○コの中を、遠藤さんの太くたくましいペニスで突かれた瞬間、性の悦びを知ったもう一人の私が生まれました。