学園天使(4)

コミック

泳げない大沼が水泳部に入った理由は、エースの沙希に憧れていたから。勉強だけが取り柄の大沼はなんとか彼女と接点を持とうとしたのだ。しかし、部活をやっているうちに彼の気持ちは泳ぎたいというほうにも傾く。ひょんなことから沙希には勉強に対するコンプレックスがあると知り、二人はお互いの得意な分野を教えあうことになる。部室で泳ぎ方を教わったり、筋肉に触ったりしているうちに、ついなんだか変な気分に。