ボクの主任は天然さん。

コミック

三浦が配属されたのは商品企画部。仕事そのものは楽しいが、それ以上にちょっぴりドジな主任のことが気になってしかたない。彼女は一生懸命だけど、どうも空回りして無理をしているように見える。もう少し三浦のことを頼ってくれればと思っているある日、ひょんなことからチャンスが訪れた。自分のドジを泣いて謝る主任を三浦は優しく抱きしめて……。