夕蝉のささやき

コミック

神社の境内に小石でセーマンを描き、その中央に血を垂らせば両想いになれる。それは無邪気で遊びのような呪いだった。その神社の一角で、里香は狐の面を被った男と睦み合う。里香は父を亡くしたばかりだった。母からの愛情を得られない里香は父と異常なまでに親密な関係にあったが、まだ完全には結ばれていなかった。父に対する思慕の念が夕暮れ時にあやかしを呼び出す。