甘いあやまち

コミック

夜の街を駅に向かって歩いていたら、茶色の髪でハーフっぽい顔をしたイケメンに声をかけられました。話が楽しくて、ドライブの誘いにオーケーしましたが、家まで送ってもらう途中、静かな道に入り、暗い場所で車が止まりました。私、彼にダマされていたんです。彼の仲間がやってきて、私は林に連れ込まれました。処女の私は3人がかりで服を脱がされ、ワレメを広げられ、強引にペニスを突き入れられたんです。あまりの痛みにうめき声も出ませんでしたが、体中を舐められ、四つん這いではめられ、3人の男たちに激しく凌辱されるうちに…。