堕天使狂詩曲

コミック

リストラをきっかけに優しかった父が変わってしまいました。酒に酔って怒りっぽくなり、ついには私が男性とエッチしていないか検査をする、と言って私を押し倒したんです。パンティをはぎとられた私のオマ○コを、父はベチャベチャと音を立てながら舐めたばかりか、指を3本も中に入れてズブッズブッと出し入れしました。濡れやすい私はビチョビチョになってしまい、父をさらに欲情させてしまいました。太く硬くそそり立ったペニスを、わざとゆっくり出し入れする父のテクニックに感じてしまった私。そんな父と私の秘密を、弟に知られてしまって…。